この記事ではマクロミルの登録の仕方から、アンケートを答えてポイントを交換するまでの方法を簡単に解説します。

僕も初めてマクロミルを使った時、ポイントの交換にかなり手こずった思い出があります(笑)

なのでマクロミルを使っていて、操作に迷った時は是非この記事を参考にして下さいね。

また、この記事ではPC画面で解説してますが、スマートフォンからでも登録は出来るので安心してください。

マクロミルの新規登録方法

先ずはマクロミルの登録から解説します。

面倒ですが、マクロミルに登録するには仮登録と本登録の2回登録が必要になります。

またログイン時やポイント交換の際にパスワードが必要になるので、登録する情報はメモをしましょう。

新規登録画面を開く

先ずは下記のバナーをクリックします。

マクロミル

クリックすると下記のような画面が出るので、矢印の箇所をクリックします。

f:id:freebloggerpateo:20180611155930p:plain

仮登録に必要な項目を入力

仮登録では以下の項目を入力する必要があります。

  • 氏名
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 第2パスワード
  • 性別
  • 生年月日
  • 職業

パスワードを2つ入力するので、必ずメモして下さい。

またマクロミルでは性別や職業などの基本情報を元にアンケートを依頼するので、正確に入力しましょう。

メールアドレスとパスワードはログイン時、第2パスワードと生年月日はポイント交換時に入力します。

仮登録を完了すると登録したメールアドレスに本登録のURLが送られてくるので、引き続き本登録の入力をします。

本登録に必要な項目を入力

本登録では以下の項目を入力する必要があります。

  • 未既婚
  • 子供の有無
  • 同居人数
  • 住所
  • 電話番号
  • 使用している携帯電話会社
  • アンケートに回答可能な端末
  • 依頼メール受信設定

本登録で入力する項目も、仮登録同様にアンケート依頼の参考にするので正確な入力が必要です。

プライベートな項目が多く入力するのが怖いかと思いますが、マクロミルのサイトはSSL化しておりプライバシーマークも付与されているので安心してください。

Webブラウザーとサーバー間で安全に通信するためにネットスケープ・コミュニケーションズ社が開発したセキュリティー機能。

引用:SSL(エス エス エル)とは – コトバンク

個人情報の取り扱いを適切に行なっている民間企業に発行されるマーク。経済産業省の個人情報保護ガイドラインを満たした企業に対して、日本情報処理開発協会が発行する。

引用:プライバシーマークとは – コトバンク

また、本登録で入力する項目は登録後も変更可能なので、結婚したり子供が生まれたりした際に変更しましょう。

マクロミルの新規登録方法は以上です。

登録後の設定からアンケートに答えるまでの説明

ここからはログインをしてアンケートを受けるまでの手順を説明します。

オプション項目の登録

本登録が完了しログインすると、始めにオプション項目の登録画面が出ると思います。

オプション項目は以下の通りです。

  • 自動車の有無
  • 飲酒の有無
  • 年収・資産
  • 利用しているSNS
  • オプション調査参加の可否

この項目も同様に、アンケート依頼の参考になります。

オプション調査とは、基本的なアンケートモニター作業とは違う特別な調査のことです。

オプション調査には以下の3つが該当します。

  • インタビュー・会場調査
  • お買い物モニタ
  • 携帯電話調査

この調査を受けるには抽選で当選しないといけないため、なかなか受けることは出来ません。

どの調査も基本的なアンケート調査より大変ですが、その分貰えるポイントが高くなります。

なので不都合がない限り、オプション調査は全てチェックしたほうがいいと思います。

また設定の変更は何時でも出来るので、気が変わった時は変更しておきましょう。

ポイント振込先口座の登録

マクロミルで貰えるポイントは現金はもちろん、商品や様々なポイントにも交換可能です。

交換可能なポイントは以下の4種類になります。

  • Amazonギフト券
  • Tポイント
  • Pexポイント
  • Gポイント

しかし副業としてマクロミルを始める人は、恐らく現金に交換すると思うので始めに振込先口座の登録をしておきましょう。

振込先口座の登録はマイページの矢印の箇所をクリックします。

f:id:freebloggerpateo:20180611160348p:plain

振込先口座の変更をするにはログインパスワード、第2パスワード、生年月日が必要になります。

また、マクロミルで登録可能な振込先口座は以下の6つです。

  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行

もしも該当する口座を持っていない場合は、この機会に口座開設をしておきましょう。

副業をする際は、副業用の口座を持っていると何かと便利です。

自分の好きな会社で口座開設をして良いと思いますが、特にこだわりがなければ楽天銀行がオススメです。

 アンケート参加方法

アンケートには主に事前アンケートと本アンケートの2種類に分けられます。

各アンケートの概要は以下の通りです。

  • 事前アンケート:本アンケートを受けることが出来るか判断する簡単なアンケート。貰えるポイントが少ない。
  • 本アンケート:事前アンケートを元に依頼されるアンケート。貰えるポイントが多い。

これらのことからマクロミルで多くポイントを稼ぐには、本アンケートを多くこなす必要があります。

なので事前アンケートの依頼があったら、なるべく全てこなすように心がけましょう。

アンケートの依頼があった場合、矢印の箇所に一覧で表示されます。

f:id:freebloggerpateo:20180611160039p:plain

アンケートには締切りが設けてあるので、アンケートが来ていないかこまめにチェックしましょう。

ポイントの交換方法

ポイント交換の申込みは矢印の箇所をクリックするとできます。

f:id:freebloggerpateo:20180611160126p:plain

ポイント交換の申込みをするにはログインパスワード、第2パスワード、生年月日が必要になります。

また交換するポイントの種類によって、条件が異なる場合があるので気をつけましょう。

ポイント交換のルール

ポイントは原則500ポイントから交換可能になります。(初回は300ポイント)

振込み日は翌月15日以降、もしくは20日以降です。

振込みの際の手数料は、マクロミルが負担してくれるため一切掛かりません。

詳しい交換ルールは以下の通りです。

Amazonギフト券

500ポイントから交換可能(初回300ポイント)

翌月20日以降に登録しているアドレスにメールが届きます。

メール経由でAmazonギフト券を貰うので、メール届く前にマクロミルを退会しているとメールが届かないので注意してください。

Tポイント

500ポイントから交換可能(初回300ポイント)

翌月15日以降に振込まれます。

Tポイントに交換するためには、Yahoo!JAPAN IDの登録が必要なので注意してください。

Pexポイント

500ポイントから交換可能

申込みが完了した時点で振込まれます。

Pexポイントに交換するためには、Pex口座の登録が必要なので注意してください。

Gポイント

500ポイントから交換可能(初回300ポイント)

翌月15日以降に振込まれます。

Gポイントに交換するためには、G-pointに登録する必要なので注意してください。

現金

500ポイントから交換可能(初回300ポイント)

翌月20日以降に振込まれます。

振込み手数料は掛かりません。

スマホアプリでアンケート

マクロミルはPCで作業するのが基本ですが、スマホアプリを使ってアンケートを答えることも出来ます。

アプリならちょっとした時間を有効活用できると思うので、是非ダウンロードしておきましょう。

マクロミル
マクロミル
開発元:MACROMILL, INC.
無料
posted withアプリーチ